コツ

【タイプ別】ダイエットに失敗してしまう理由と成功方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
fail-1
画像:marie claire
「何度もダイエットに挑戦するも中々うまくいかない」という悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。 頑張って、頑張っても思い通りにいかないことを経験しているからこそ 次は絶対に成功したいと思いますよね。 うまくいかないのは 「根性が足りないから」とおっしゃる方が多いですが実はそうではありません。 ダイエットの失敗原因は 人それぞれの体質や習慣によるものが多いです。 ちょっとしたことを意識するだけでも ダイエットの成功率は大幅に変わってきます。 今回はダイエットのタイプ別の失敗理由を元に 何故失敗したのかといった原因を追究し どうすれば成功するのかの解決法をご紹介していきたいと思います。 失敗の原因を知る事によって 二度と同じ失敗を繰り返さないと同時に成功へと導いていけるのです。 まずは、下の図の質問に答えて、自分がどのタイプか知りましょう。 ダイエット 失敗 ご自身のタイプがわかりましたら、次の中から自分のタイプをクリックもしくはタップして、その理由と解決方法をぜひ参考にしてください。 タイプA:理想生活タイプ タイプB:流行敏感タイプ タイプC:ストイック追求タイプ

A.理想生活タイプ

【タイプの説明】

タイプAの理想生活派というのはダイエットを始めたかと思うと今までのライフスタイルをガラリと変えようとする人です。 例えば糖質制限ダイエットを始めたとしたら、完璧なまでに糖質をカットする事に突っ走るタイプです。

【ダイエットの失敗原因】

この理想生活派タイプの人が失敗する原因としては いきなり今までの生活習慣を変えるといった環境の変化に心身共についていけなくなって 多大なストレスを感じてしまう事です。 また「完全糖質カットができない私は根性がない」と無意識に自分でハードルを上げてしまい余計にストレスを感じてしまいます。 そして脳が生活の急激な変化に対して拒否反応を起こす事によって、元の生活に戻そうとしてしまうのです。 それでせっかくダイエットを始めたとしても、結果も出ないうちに断念してしまいます。

【ダイエットのヒント】

この理想生活派タイプの人がダイエットを成功させるためには、いきなり理想の食生活や運動習慣を取り入れるのではなく 少しずつ出来る事から体と心を慣らしていく事です。 最初のうちはダイエットするのに理想的な食生活や運動習慣の30%ぐらいから始めていって、理想の食生活と運動習慣を取り入れる事で負担を感じないラインに気が付く事が大事です。 例えば糖質制限をする際に、夜だけ炭水化物や甘い物を摂らないようにしてみたり もしもそれでも全く炭水化物を摂らないとつらいようであれば、夜はご飯を半分セーブしていくといった事から始めてもOKです。 最初のうちはご飯の量を半分減らしたぐらいでは見た目効果もすぐには出ないかもしれませんが 1週間、1カ月と経過していけば そのご飯茶碗半分の量×30日なので 相当なカロリー制限に成功した事になります。 このように地道にコツコツと取り組んでいく事が大切なのです。

B.流行敏感タイプ

【タイプの説明】

この流行敏感派は、とりあえず流行りのダイエット法だったらきっと自分にも高い効果をもたらしてくれると信じて 自分の体質や生活習慣とマッチしなくても流行のダイエット法に飛びついてしまうタイプです。

【ダイエットの失敗原因】

この流行敏感派のダイエット法が失敗する理由としては いかにも巷で流行っているダイエット法が 魔法みたいな効果を示してくれると思い込んでしまっている点です。 難しいダイエットをやったからといって確実に成果が上がる訳でもありませんが 逆に簡単だからと確実に成果が上がる訳でもないのです。

【ダイエットのヒント】

流行敏感派のタイプの人がダイエットを成功させるには 科学的な根拠に元づいた方法を実行する事です。 基本的に消費カロリー > 摂取カロリーであれば、痩せていきます。 だからもしも流行のスムージーを取り入れたダイエットを実践したとしても スムージー以外にもいろいろな物を食べてしまって消費カロリーを上回ってしまえば ダイエット効果はないという事です。 これを通常のご飯やパン、おかずといった食事メニューとスムージーを置き換えるといった方法ですと 確実にカロリー摂取量が減るだけでなくスムージーの豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維の効果で痩せやすくなります。 まずは流行りのダイエット法を試す前に自分の食生活や生活習慣に当てはめてみて その方法が摂取カロリーを消費カロリーが上回るかどうか?についてじっくり考察する事が大切です。

C.ストイック追求タイプ

【タイプの説明】

このタイプの人は性質的に大変ストイックです。 ダイエットするにしてもじっくり計画を練ってから コツコツとその計画通りにストイックにダイエットしていくタイプです。 ストイックな自分に酔っている面もあるので いきなり10キロ走るといったハードなダイエットメニューだって組んでしまうタイプです。

【ダイエットの失敗原因】

このストイック追究派の方が失敗するパターンとしては 精神的なストレスを抱えてしまう事です。 自分にとってつらい選択肢を選びがちになって まじめな性格だからそれを何が何でも実行しないといけないと思い詰めてしまう傾向があるのです。 そして自分は完璧だと思い込んでいる節もあるので もしも自分がみっちり計画を練ったダイエットプランをきちんと達成できなかった場合には 自分はダメな人間だと落ち込んでしまいます

【ダイエットのヒント】

このストイック追究派の方がダイエットに成功するためには、まずは70%目標達成できればいいといった風に目標設定を少し下げてみる事です。 毎日10キロ走るといった目標であれば、7キロでもOKといった風に少しゆとりを持たせてあげるのです。 それでもストイック追究派の真面目に何事も取り組む性質のおかげで、何とか70%でも達成できれば、きっと必ずその成果は現れると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか? すぐに結果を出したい。という気持ちはとてもよくわかりますが 頑張りすぎて継続できない、一度出来なかった時に崩れてしまうではなく 一つ一つ習慣化しながらゆっくり進めていけば ダイエットはきっと成功します。 目の前の成果よりも長く続けていけることを考えて 進めていきましょう。 ダイエットは生活習慣を変える第一歩。 頑張ることができるなど自分の持っている長所が意外なところで短所として表れてくる場合もあります。 自分のタイプを把握して、失敗をしないように先回りして対策をとっていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう