コツ

ダイエット中の肌荒れや吹き出物の原因と改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
AI_IMG_7769_TP_V

現代では様々なダイエット法が溢れています。
その中で何が正しいダイエット法なのかわからず実行し、ダイエットには成功したものの肌が荒れてしまったり吹き出物が出来てしまったりする方は少なくありません。

なぜでしょうか?それはダイエットとは自分の理想の体重や体型を目指して減量することだという認識が強く、無理な食事制限をしたり特定の食品のみを摂るダイエットなど偏った食事で痩せようとしてしまうからです。

ではなぜそのようなダイエットをしてしまうと肌が荒れたり吹き出物が出来たりするのでしょうか。
ここではその原因と対策についてご説明します。

ダイエット中の肌荒れや吹き出物は栄養素不足が原因!

PAK86_syokupankuwaeteoffice20140830132450_TP_V

偏った食事による栄養不足が大きな原因

皆さんは肌の状態が体内、つまり内臓状態を表しているということをご存じでしょうか。
人間の体というのは良くできていて、体内に取り込まれた栄養は生命の維持に必要な部位から順に振り分けられていきます。
大切な心臓や肺、その他の内臓、筋肉の順に栄養が使われていき、ここでようやく皮膚に栄養が回ってくることになるのです。
これを栄養のカスケード理論というのですが、ダイエットで必要な栄養まで減らしてしまうと内臓機能の低下を招き、皮膚にまで栄養が回ってこない事が良くわかるかと思います。

例えばダイエットの敵だと思われている炭水化物や肉や油脂にも体の為に必要な栄養素がたくさん含まれており、これらを全く摂らないダイエットや特定の食品のみで行うダイエットは栄養の偏りを生み出し、肌に栄養が回らない状態を自ら作り出している状態なのです。
また、美肌を作り出すのはお手入れによる外からの栄養が3割、食事による内からの栄養が7割と言われていますので、どちらを気にすべきかは一目瞭然ですよね。
つまり、ダイエット中の肌荒れや吹き出物の原因は、行き過ぎた食事制限や特定の食品のみを摂るという偏った食事による栄養素の不足であるといえます。

ダイエットで不足しがちな栄養素

私たちの体は60兆から100兆の細胞で出来ており、肌をはじめとするその細胞というのは毎日口にするものによって作られています。
確かにエンプティーカロリーと言われるような高カロリー、高脂質な栄養の少ない食事はやめるべきです。

しかし闇雲に食べる量を減らすのは好ましくありません。
ダイエットの時こそきちんと栄養バランスを考えるべきなのです。
特に炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルといった5大栄養素の中でもダイエットで不足しやすいのがタンパク質とビタミン、脂質です。
タンパク質がギリシャ語で「最も大切な」という意味の言葉を語源に持っていることからもわかるように、体の大事な部分というのは全てタンパク質からできています。
心臓などの臓器や筋肉、免疫力の根源・免疫グロブリン、血液や酵素、肌の細胞に加え、なんと骨もほとんどがタンパク質なのです。
肌に良いとされるコラーゲンもタンパク質です。

特に酵素は100%がタンパク質から成り、食事で摂取したタンパク質の8割は酵素に回されます。
ダイエットによってタンパク質が不足し酵素を作る分量に足らなくなると、免疫の抗体を作るのに使われるはずだったタンパク質も取られてしまいます。
つまり、タンパク質不足は肌に必要なコラーゲンが減るだけでなく、免疫力低下につながり病気などにかかりやすくなるのです。

ではビタミンはどうでしょうか。
ビタミンが不足すると肌が荒れるというのはなんとなくイメージできるのではないでしょうか。
ビタミンの中でもダイエット中に不足しやすいのがビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEです。
まずそれぞれの肌への働きや影響をご説明します。

ビタミンA

ベータカロテンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を丈夫にし、肌の健康を保つ働きのあるビタミンで、不足すると皮膚の乾燥の原因になります。
免疫の維持や細胞を強くする働きもあり、体にとっても必要な栄養素といえます。

ビタミンB群

ビタミンB1、B2、B6、B12、パントテン酸、ナイアシン、葉酸、ビオチンの8種類あります。
特に美肌効果の高いものはビタミンB2とビタミンB6で、B2は細胞の再生や生長促進効果が期待できます。
またビタミンB6は健康な皮膚や髪の生成には不可欠なビタミンで、代謝を促進してくれます。
ビタミンB群が不足すると、口内炎や皮膚炎、ニキビや吹き出物、肌荒れなどが起こりやすくなってしまいます。

ビタミンC

コラーゲンの合成を促進するだけでなく、メラニン色素の生成や増加を抑えてくれるビタミンです。
美白効果のあるビタミンとして有名ですよね。
不足すると肌にハリがなくなり保水力も低下してしまうので乾燥しやすくなります。

ビタミンE

若返りのビタミンとも言われており、抗酸化作用の強いアンチエイジングには欠かせないビタミンです。
血行促進効果によって新陳代謝を活発にしてくれるビタミンなので、不足してしまうと肌のくすみやターンオーバーの乱れにつながり、肌荒れしやすい環境となってしまいます。

ビタミンは補酵素と呼ばれており、各ビタミンは体内で作られた酵素を働かせる運転手のような役割を担っています。
またビタミンは紫外線や呼吸など日々の生活で酸化していく私たちの体を酸化から守ってくれる、抗酸化作用のある栄養素なのです。
酸化とは錆びることであり、錆びること肌老化が進んでいきます。
つまり、ビタミンが不足すると体の構成や働きがうまく行われなくなってしまい、それによって肌の調子も悪くなり、肌荒れや吹き出物といったトラブルにつながるのです。
では脂質はどうでしょうか。
実はこのビタミンの内、ビタミンAとビタミンEは油溶性といって油に溶ける性質のビタミンで、油と一緒に摂らないと吸収されにくくなってしまうのです。

せっかく肌に良い栄養素ですから、食べた分はしっかり体に吸収したいですよね。
ここでも脂質の必要性がおわかりいただけるかと思います。
また、ある程度の油脂は肌のうるおいを保つ為にも必要な栄養素です。
特に青魚の脂で有名なDHAやEPAといったオメガ3系の脂は炎症を抑える働きのある栄養素ですから、きちんと摂取すればにきびや吹き出物の予防にもなります。
そして脂質が体内で分解された時に出来る脂肪酸は大腸を刺激して排便を促す効果があり、腸内環境が良くなる事で肌の状態も良くなりますよ。

栄養素以外が原因の可能性も

shiosio_kasdfjk_TP_V
では肌荒れや吹き出物の原因はダイエットによる栄養不足だけなのでしょうか。
現代社会は交通機関が発達し、私たちは慢性的な運動不足ですよね。
運動をしないということは体が温まらないということであり、代謝が上がらないということです。
代謝が上がらなければもちろん肌のターンオーバーの周期が遅れてしまいます。
ターンオーバーの周期が遅れると、はがれるはずだった肌細胞が肌表面に留まり、表皮が厚くなってしまい水分を保持する力が低下します。

それによって肌が乾燥し刺激にも弱くなるので、運動不足も肌荒れや吹き出物の原因となるといえます。
またストレスも肌トラブルに関係してきます。
ストレスを感じる生活をしている現代人が無理なダイエットで過度のストレスを溜め込むと自律神経のバランスが崩れ、それによりホルモンバランスにまで影響が出ます。
ホルモンバランスが乱れるとコラーゲンなどの生成がうまくできなくなり、肌の再生力が弱まってしまいます。
またダイエットの効果も表れにくくなるので、さらにストレスを感じる悪循環に陥ってしまいます。
成長ホルモンは質の良い睡眠によって分泌量が増加しますが、ストレスを抱えている上にスマホなどを寝る直前まで使っていたりする現代では睡眠の質は下がる一方ですよね。

肌荒れを改善&対策するためにダイエットで意識すべきこと

SEP_327215200714_TP_V

糖質やカロリーは気にしつつ、必要な栄養素を摂取する

それでは、ダイエットをする上で意識すべき事とは何でしょうか。
まずは食事内容です。
摂取カロリーを消費カロリーより少なくすることがダイエットの基本のように思われているかもしれませんが、必ずしもそうではありません。
もちろん高カロリーなものを食べ続けていれば太りますし、健康も損ないます。
しかしカロリーを気にしすぎて栄養が足らなければ意味がないのです。
カロリーはちょっと気にする程度で大丈夫です。

しかし炭水化物の摂りすぎには気をつけましょう。
お米やパンなどの主食だけが炭水化物ではありません。
砂糖も炭水化物ですし、野菜にも果物にも多少の炭水化物は含まれています。
炭水化物は体内で分解され糖質になり、体を動かすエネルギーの元となります。
余った糖質は私たちの体に脂肪となって蓄積されていきますよね。
それだけでも炭水化物を控える理由になりますが、現代人はその上運動不足ですから、思っている以上にエネルギーを必要としていないのです。

そして糖質の代謝によって大量のビタミンB群が消費されてしまいますので、糖質はあまり摂らないのがベストです。
ダイエット中はタンパク質やビタミンA,ビタミンB群、ビタミンEを中心にメニューを選ぶと良いですよ。

適度な運動を心がける

運動はやりすぎると疲れが溜まってしまったり余計な筋肉がついてしまったりするので、ゆるい運動を少しずつするのがおすすめです。
綺麗に痩せるつもりが筋肉がつきすぎてがっちりしてしまっては嫌ですよね。
ランニングよりはウォーキングの方が余計な太い筋肉がつきにくいので、いつもの駅より1駅前で降りて歩いてみたりするのが良いですね。
適度に運動をする事で代謝が上がり、肌のターンオーバーが正しい周期で行われたり、汗をかくことで毛穴の奥の汚れが取れたりすることも運動がおすすめな理由です。
また、適度に体を動かす事でストレス発散にもなり、適度な運動はダイエットにも肌にも良い事であるといえます。

規則正しい生活を心がける

気にしすぎてストレスを感じるのは逆効果になってしまいますが、肌に良いホルモンをたくさん分泌させるためにも規則正しい生活は大切です。
毎日同じ時間に起き、同じ時間に寝る、といったリズムをつくってあげるなが何より大事なので、何時までに寝なくてはいけないなどと厳しい条件をつける必要はないですよ。
ダイエットに関わる成長ホルモンは寝てから3時間の内に1番多く分泌されますので、睡眠の質を良くするためにも、寝る1時間前にはスマホやパソコンをやめ、ゆったりとした気持ちで過ごすのがおすすめです。

ダイエット中の肌荒れや吹き出物を改善するオススメの食べ物

PAK86_yudetamago15183128_TP_V
ではダイエット中におすすめの食べ物をご紹介します。
まずはプロテインスコア100点の卵です。
卵にはタンパク質だけでなくビタミンB6やパントテン酸も多く含まれています。
タンパク質を摂取すると満足感がありますので、食べすぎを防いでくれたり空腹感を感じないのもおすすめな理由の1つです。
色の濃い緑黄色野菜や大豆、チーズなどはビタミンが豊富で、ダイエット中にすすんで摂りたい食べ物と言えます。

また、ビタミンは紫外線やストレスを受けたり睡眠不足などで消費され、どうしても不足しがちな栄養素なので、サプリメントで摂るのもおすすめです。
ビタミンのサプリを選ぶ時は単体のものではなく、マルチビタミンを選ぶようにしてください。
なぜマルチビタミンが良いかと言うと、ビタミンはそれぞれが協力し合いながら効果を発揮する栄養素なのでどれか1つが少ないと、少ない栄養素分しか体内に吸収されないからです。
ただ、合成ビタミンは鉱物由来なのでサプリメント選びには注意が必要です。
ダイエット中にどうしても間食したくなったら、ナッツがおすすめです。
カロリーが高いので摂りすぎには注意が必要ですが、抗酸化作用のあるビタミンEと良質な油が豊富で少量でも満足感が得られますよ。

油はオリーブオイルや菜種油などの一価不飽和脂肪酸のものを選ぶと代謝アップが期待できます。
肉よりは魚中心にオメガ3系の脂を摂ると中性脂肪を減らす効果が期待でき、炎症を抑える働きもあるので肌荒れ対策に適していると言えます。

まとめ

CRI_IMG_6016_TP_V
ダイエット中の肌荒れや吹き出物の原因と、防ぐために気をつけるべき事をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
頭を働かせるのはブドウ糖しかありませんが、体の機能はタンパク質からでもエネルギーとすることができますから、ダイエットをする時はタンパク質を意識して食事したいですね。
栄養バランスの良い食事でダイエットをすると急に5キロ10キロ痩せる事はないですが、肌が荒れる事も吹き出物が出来る事もなく、さらに1度痩せればリバウンドしにくいという利点があります。
正しいダイエット法を実行して、美しい肌と理想の体型どちらも叶えてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう