食事

ダイエット中に果物を食べていいの?気になる糖質量と効果も紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
OJS_ichigonodanmen_TP_V

糖質制限中には、甘いケーキやお菓子を控える代わりに果物を食べている方も、果物をおやつの代わりに食べて行こうかなと、考えている方もいらっしゃるでしょう。
反対に、糖質制限中に果物はすべてダメと考えている方もいらっしゃるでしょう。
いろいろと思い悩まれている方に、食べても安心な果物や控えてほしい果物。
果物を、どのように食べるが良いのかをまとめました。
是非、皆様のダイエット生活に参考にして下さいね。

ダイエット中に果物はOK?

果物を食べていいのかダメなのかを結論つける前に、食品の分類についてお話しします。
日頃私たちが摂取している食品を分類すると、下記の表に分けられます。
img12_4

出典:http://www.jinai-iin.jp/images/material/img12_4.jpg

この表の中で、果物は主に炭水化物を含む食品に分類されています。
えっ!?では、食べてはダメなの?
決してそうでは、ありません。
果物には、炭水化物(糖質)以外にも、ダイエットや美容に有効な栄養素がたくさん含まれています。詳しくは、後程お話ししますね。

ここで知っておいて頂きたいことがひとつあります。
それは、果糖と糖質は違うという事。
どちらも糖という文字が入っていますが、実は違うもの。
糖質は甘いものと甘くない物がある事ご存知でしたか?
実は、イモ類に含まれているでんぷんも糖質なのですよ。
ちょっとびっくりしませんか?(確かに、イモも炭水化物ですね)
糖質は、体のエネルギー源や体を作る素となる3大栄養素のひとつなのです。
その為、糖質(エネルギー)を必要以上に摂取すると太ってしまう要因のひとつなのです。
果糖は、その文字の通り果物の甘みの素です。
糖質の中では、最も甘い物なのですよ。
果糖のほとんどはそのまま吸収されて肝臓で直接代謝されているのです。
果糖は、血糖値の上昇を抑えるかわりに中性脂肪の合成を促してしまう為、太りやすくなると考えられています。
その為、果糖も摂取用量に注意が必要となります。

果物がもたらすダイエット効果

19945_main

出典:http://grapee.jp/wp-content/uploads/19945_main.jpg

上記で、果糖も糖質も取り過ぎ注意と話ししれていたけど、果物はダイエットには向かないってことなのかしら?
と疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。
では果物には、どんなダイエット効果があるのか検証していきましょう。

 

ビタミンの補給効果

果物には、酵素・食物繊維・水分の他にもダイエットや美容に嬉しい栄養素が含まれています。
ご存知の方も多いでしょうが、ビタミンとミネラルです。
人間が生きていくために必要な栄養素「炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維」の6つあります。
その中でも、ビタミンとミネラルは代謝を促進して身体のメンテナンスに必要な栄養素なのですよ。
しかし、現代の私たちの食生活ではこの2つが不足しがちです。
果物には、このビタミン、ミネラルが含まれています。
食べる事で、体内に摂取することができるのです。
ビタミン、ミネラルを摂取することで、体内に老廃物が溜まることを予防してくれます。
さらに、疲労感や冷え性の緩和、集中力UPなど、ダイエット効果以外にも期待ができる食べ物が果物なのです。

ストレス緩和効果

ダイエット中に、訳もなくイライラして人や物にあたった経験はありませんか?
果物には、このイライラ感(ストレス)を緩和させる効果があるといわれています。
なぜなら、果物はビタミンCを豊富に含んでいるからです。
ビタミンCは、ストレスへの抵抗力を高める効果が期待できるビタミンなのです。
アロマテラピーの世界では、グレープフルーツ等ビタミンCを多く含む柑橘系の香りはストレス緩和の香りとして用いられているようですよ。

こうしてまとめてみると、果物にはダイエット効果を高めてくれる要素が沢山ありましたね。
果物なら何でも食べて良いのかしらと思うところでしょうが、それは違います。
栄養分がいくら豊富で高くても、カロリーや糖質まで高いものを多く摂取してしまうと、逆効果で太りやすくなってしまいますよ。
次項では、糖質の多い果物と少ない果物をご紹介いたしますね。

 

フルーツダイエットという方法もある

皆様の中には、フルーツダイエットというダイエット方法がある事をご存知の方も多いかと思います。
ここでは、言葉だけは知っているという方・全くご存知ない方、ご存知の方には復習の意味も込めてお話しさせて頂きますね。

フルーツダイエットとは

20013010977

出典:http://cdn.amanaimages.com/cen3tzG4fTr7Gtw1PoeRer/20013010977.jpg

フルーツダイエットは一時期とてもブームになりましたね。フルーツダイエットとは、果物を食べながら痩せられるという本当に夢のようなダイエット方法です。
今までいろいろなダイエット法を試したけれど、途中で挫折したり、思うような結果が得られなかった方もいらっしゃると思います。
ダイエットというのは、カロリーを減らす為に食事量を減らしたり、運動を一心不乱に行ったりするの
では長続きしませんものね。フルーツが大好きだという方は試してみる価値があるかもしれません。

フルーツダイエットの方法

1・朝食を果物に置き換えます。
 朝、口にする物は果物と水もしくは白湯のみです。
 (お茶、コーヒー類は不可。もちろん他の食べ物もダメです。薬は可)
 朝、果物を食べる量は腹八分目までならOK。

2・昼食と夕食は好きな物を食べて大丈夫です。
 ただし、ここでも食べ過ぎはダメですよ。
 しっかりと歯で噛んで味わって食べましょう。
 また、夕食は20時までには済ませましょうね。
 食後にデザートを取ると胃に負担がかかってしまいますので、食べるなら食前がBESTです。

3・日付が変わるまでには就寝しましょう。
  健康的にダイエットを続けるには、規則正しい生活が必要不可欠です。

フルーツダイエットに向いている果物
ダイエットに向いている果物をいくつかご紹介致しますね。

★バナナ

SONY DSC

SONY DSC

出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8a/Banana-Single.jpg

バナナは、糖質やカロリー共に高めの果物です。
しかし、食物繊維を豊富に含んでいるので便秘解消や快便にも一役買ってくれる果物です。
食物繊維を多く含んでいる為、他の果物よりもお腹持ちの良さや、満足感が得られる果物ですよ。
その上、ビタミン、ミネラル、脂質など様々な栄養素を含んでいます。
ダイエット効果にみではなく、癌の抑制効果や抗酸化効果(老化抑制効果)、浮腫み軽減効果なども期待できる素敵な果物なのです。

★りんご

fuji

出典:http://img15.shop-pro.jp/PA01084/845/etc/fuji.jpg

りんごも糖質はやや高めですが、カロリーが低く栄養価は、高い為ダイエットに向いている果物です。
りんごには、疲労回復効果や咳、胃のムカツキを抑える作用のある酸(りんご酸、クエン酸)が含まれているのも特徴です。
他にも、ペクチンという食物繊維が腸内で善玉金を増やして、腸内環境を整えてくれる効果もあるのです。

★グレープフルーツ

rudyred_grapfruit_main3

出典:http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_gold/cherrybell/item/c/food/drink/ks_grapefruit/rudyred_grapfruit_main3.jpg?_ex=300×300&s=2&r=1

ビタミンCやカリウムを豊富に含んでいて、美容や疲労回復に最適ですよ。
グレープフルーツを1個食べると、1日分のビタミンCを摂取できる事も嬉しい効果ですね。

★いちご

img_main

出典:http://www.toyoura.net/charm/amusement/ichigo/img/img_main.jpg

いちごにもビタミンCが豊富で、肌に潤いをもたらす美容効果も高い果物です。
キシリトールも含まれているので、虫歯予防としても摂取するのも良いですね

★マンゴー

宮崎マンゴー

出典:http://data.kurashiru.com/2015/04/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%BC.jpg

マンゴーは、ビタミンAやカロテンを豊富に含んでいる果物です。
ビタミンAは、肌荒れを防止してくれる働きもあります。
ダイエットのみならず、肌荒れ予防に摂取するのも良いかもしれませんね。

他にも、キウイ、桃、梨などもあります。
休日など時間に余裕がある時は、小さく切ってフルーツカクテルにして食べても楽しいですね。
缶詰は、シロップなど果物以外の糖質が含まれているので、NGです。

果物を食べるタイミングは朝?夜?食前?

果物は古来より、朝食べると金、昼食べると銀、夜食べると銅とされてきました。
果物には繊維と水分が多く含まれている為、朝に食べる事により胃腸を刺激して身体を起こしてくれます。
その上、気持ちも爽快にしてくれると言われているからです。
果物を食べるタイミングは朝が一番向いているでしょう。

まとめ 果物の力を味方につけて糖質制限ダイエット

ダイエット中の果物が与える良い影響や、悪い影響についてお話ししてきました。
果物には、ビタミン、ミネラル、植物繊維などダイエットや健康に良い栄養分も豊富に含まれている事もお分かり頂けましたでしょうか?
果物パワーを味方につけて、より健康的なダイエット生活をおくってみるのもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう