コツ

更年期のダイエットは痩せない?正しいダイエットの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
更年期ダイエット
更年期と呼ばれる年代に突入すると、 「あれ、食事を制限しても痩せない・・・。なんで?」 と思われるかたはいらっしゃいませんか? 更年期に差し掛かると、どうしても若い時と同じライフスタイルでは、体型を維持する事が非常に難しくなってしまうのです。 今回は更年期障害に対する理解を深めていきながら、若かりし頃の体型をキープしていくコツについて伝授していきます。 努力次第で40歳からだって充分輝いていけるので、あの頃の自分を目標にしながら頑張りましょう!

更年期になるとなぜ太りやすい身体になるのか

更年期ダイエット1

(1)ホルモンバランスの崩れ

まず、更年期になると、女性ホルモン(エストロゲンと呼ばれる)が減少していきます。そのため、ホルモンバランスが崩れて、新陳代謝が低下するといったことにつながります。 女性の体は本来妊娠して出産出来る仕組みになっているのですが、閉経が近づくにつれて、女性ホルモンの分泌量が減少していってしまうのです。 この女性ホルモンというのは、実美容と健康に大変関わりの深いホルモンでもあり、コラーゲンとなる繊維芽細胞の活性化作用によって保湿力の高い美肌を保持する役割があります。 そして、年齢とともに、脂肪を代謝する女性ホルモンの分泌量が下がってくるために、若いころに比べるとやせずらくなってしまうのです。

(2)基礎代謝の低下

基礎代謝とは、生きるうえでの生命活動、内臓を動かしたり、筋肉を維持したり、体温を維持するなどに使われるエネルギーです。 基本的に筋肉の量によって基礎代謝力に違いが出てくるのですが、男性では18歳ぐらい、女性では15歳ぐらいをめどに基礎代謝力は少しずつ衰えていきます。 つまり、基礎代謝力が低下していき、脂肪を溜め込みやすい状態になっているので、消費カロリーなどによっては太りやすい身体になってしまいます。 また、長年食べてきたスナック菓子やコンビニ弁当などに含まれる食品添加物などの影響で、代謝がどんどん悪くなってしまうという現実もあります。

更年期からのダイエット方法

更年期ダイエット2

(1)しっかり食べてダイエット

更年期の女性にお勧めな食事の内容としては、カフェみたいに20~25cmのお皿に料理を全て盛るダイエットワンプレートディッシュです。 これだったら、一目で炭水化物やタンパク質、野菜類の分量をチェックする事が出来ます。 その理想的な盛り方としては、朝と昼ご飯には50%の野菜、30%のタンパク質、20%の炭水化物、そして夕食には70%の野菜、30%のタンパク質です。 調理法としては痩せやすくなる調味料を使用する事がダイエットのポイントです。 オメガ3の入った油の使用や、食物繊維のたっぷり含まれたドレッシングやソースを使用していきましょう。 食事の配分をチェックしてみてもわかると思いますが、極端に炭水化物の量を制限しています。 野菜とタンパク質の量を増やす事によって、ミネラル、ビタミンをしっかり補給しながら、血液サラサラ効果やたっぷりの食物繊維で便秘解消効果を狙います。 タンパク質が欠かせないのは、肉や魚にタンパク質に含まれるアルギニンといった成分が、成長ホルモンの分泌を促す作用や筋肉増加、疲労回復に大きく役立つからです。

(2)ホルモン活用ダイエット

睡眠をしっかり取る人は、痩せすくなる可能性が高くなります。 特に更年期の体調コンディション管理には成長ホルモンの分泌が大きく影響してくるので、成長ホルモンの分泌が一番高まる夜の11時ぐらいから朝方の2時ぐらいの間を通してだいたい7~9時間程度は眠りにつく事が理想的なライフスタイルです。 眠りについてからのだいたい3時間後の深い眠りの時に徐波睡眠が訪れるのですが、この徐派睡眠の時に、成長ホルモンの分泌が盛んになるのです。 睡眠は深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠といったリズムの繰り返しなので、このリズムがしっかり整うように、夜は早めに眠りにつく事と、7~9時間とまとめて睡眠を取ると体の疲れだけでなく、脳の疲れもしっかり取れていくでしょう。 年齢が進むにつれて若い時みたに夜更かししたり睡眠不足を放っておくと、それがすぐに肌や髪の毛のコンディションに現れるだけでなく、太りやすい体質へと導いていってしまうので注意が必要です。 このように更年期のダイエットの基本は、食べる内容や食べ方に気を付ける点と、入浴や睡眠によってしっかり疲れを取り除きながら体の機能を整えてあげる事が鍵なので、今一度ライフスタイルを見直しながらしっかりと組みなおしてみて下さいね。

まとめ

更年期にはいってくると、カラダの仕組みが変わってくるので、今までのダイエット方法では痩せることが難しくなってきます。 自分のカラダの仕組みをしっかりと知り、ちゃんと食べることでエネルギーの代謝の効率をあげ、ホルモンをうまく活用して痩せていくことが大事になっています。 最初はなれないかもしれませんが、じょじょに慣れていきながら頑張っていきましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう