コツ

ダイエット中におすすめの間食!おやつも食べることは可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAK86_yudetamago15183128_TP_V

「痩せたい!ダイエットしよう!」と思って、ダイエットを始める方、多いと思います。 しかし、いざダイエットをしようと思って食事を減らせばついてまわる「空腹感」。 それを満たすための「お菓子」という名の甘い誘惑…。 誘惑に勝てなくて挫折する方も、これからダイエットを始める方も大丈夫です!! ダイエットをしていてもあることに気をつけていれば間食も味方につけることができるのです! 「どうやって食べればいいの?」と迷っているそこのあなた! 勉強して、ダイエット美人を目指しましょう!!

ダイエット中に間食をするときの注意点

おやつ 
間食をするときの注意点とは何か?
次の3点を見ていきます。


食べ過ぎない

ダイエットの基本は「一日三食、バランスよく」です。 間食はあくまでも「小腹を満たす」為のもの。 おそらく食事でダイエットをしている方は食事量を抑えてダイエットをされていると思いますが、間食の摂取量を見直してみましょう。 小さいお皿に乗せてみると、目の錯覚で不思議とたくさん食べた気になります!
ドカ食いを防ぐためにも効率的な方法です。

低カロリーのものを選ぶ

ダイエット中に間食を摂りたい方は、摂取カロリーを少しでも抑えたいと思っていませんか? 市販のおやつを選ぶときはカロリー表示をよく見てから選ぶようにしましょう。 摂取カロリーが消費カロリーを下回ればその分体重は減ります。同時に栄養バランスを考えないとリバウンドをしやすい体へとなってしまうので、その点を気をつけて選びましょう。

食べる時間を考える

間食をする時間も辛さを軽減してダイエットを成功させるための鍵になります。「間食したい!」と思ったら、間食する時間を意識してみてください。間食をするのであれば、14~16 時の間がベストです。 なぜならば、この時間帯は最も脂肪がたまりにくいと言われているからです。 また、それ以外の時間にどうしても甘いものを間食がしたくなった時は、食後に間食する方が血糖値の急激な上昇を抑えられ、脂肪を蓄積させにくくしてくれます。

ダイエット中に食べられる間食&おやつ

ダイエットの味方になってくれる食材にはどのようなものでしょうか。
いくつか紹介させていただきます。

ヨーグルト

健康や美容にいいと知名度の高いヨーグルトも、ダイエットにもってこいの食材です。 
ヨーグルトは、栄養価も高く、ビフィズス菌と呼ばれる乳酸菌の働きで腸内環境を整えてくれます。
カルシウムや、腸の働きをよくするオリゴ糖が含まれています。 もっと高いダイエット効果を狙うなら、無糖で低脂肪・脂肪ゼロのプレーンヨーグルトがオススメです

 

ローソンのブランシリーズ

ローソンで販売されいている、糖質制限を意識した人気のパンシリーズです。 ブランとは、小麦ふすまのことで、食物繊維を含む小麦の外皮です。 
ブランにはカルシウムやミネラルが豊富で、ダイエットや健康に良いと注目されている食材です。
 ブランパンはには小麦粉で作られたパンと比べるとタンパク質が3倍、ビタミン・ミネラルが2~6倍、食物繊維が10倍も含まれています。
 また、糖質は9割以上少なく、低糖質なパンです。 
ローソンのブランシリーズは米ブランとオーツ麦ブランを入れることで、「しっとり、ふんわり。」の食感です。 なんといっても低カロリーで低糖質なのにしっかりとパンを味わえるというのが魅力ですよね。 噛むことで小麦本来の旨みも味わえるかと思います。 味も種類も豊富なので、飽きが来ないところもいいところです。


 寒天ゼリー

寒天といえば、低カロリー食材として思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 寒天は低カロリーだけではなく、食物繊維も豊富に含んでいるので、腸内環境に良い食材です。
 そして、余分なコレステロールを体外に排出してくれるので、健康的に痩せることができると期待されています。 
寒天の食物繊維は1グラムで100ミリリットル分の水分を吸収すると言われており、胃で膨張することで満腹感も得られます。
 健康効果も高く、糖と脂質の吸収を遅らせる効果もあるので、ダイエットにはもってこいの食材です。
急激な血糖値の上昇を抑える働きだけでなく、脂肪が蓄積されにくくなり、ダイエットに大きな力を発揮します。
 寒天ゼリーは、寒天で作られたとは思えないほど、美味しいゼリーなので、非常に食べやすいでしょう。

茎わかめ

シャキシャキとした食感と酸味がある茎わかめ。 茎わかめには食物繊維が含まれています。 そして、わかめには炭水化物や脂質の吸収を穏やかにし、脂肪の蓄積を防ぐ効果があります。 噛みごたえもあるので、少量でも満腹感が得られるので小腹が空いた時に、間食として少し食べるというのも良いです。 
また、カロリーも低く、100グラムあたり15キロカロリー程度となっております。
栄養的には骨粗鬆症対策に有効なビタミンKやマグネシウムなどが豊富に含まれている食材です。

あたりめ

あたりめと聞くと、お酒のおつまみを連想される方も多いかと思います。 あたりめは、噛みごたえのある食材です。 よく噛むことで、満腹中枢を刺激し、空腹感がなくなってきますので、間食にとてもオススメです。 カロリーも小サイズ1匹で約80キロカロリーと低カロリー食材です。
 また、糖質1グラム未満というありがたさ。
 しかし、塩分が多いので、食べるときはよく噛み、水分を取りながら食べるようにしましょう。 [痩せる]するめダイエットの効果的な方法と注意点 | +CALNA

ゆでたまご

卵にはタンパク質やアミノ酸が豊富に含まれている食材です。 アミノ酸は代謝を上げて脂肪を燃焼させる効果があるので、ダイエット中の強い味方です。 そして、ゆでたまごのカロリーは1個あたり約90キロカロリーと意外に低カロリーで、固ゆでたまごであれば、噛みごたえも増えて、腹持ちも良くなります。 糖質もほとんど含まないので、間食として1個食べるなども良いでしょう。 

煮干し

あたりめと同様、噛みごたえのある食材なので、おやつ代わりとして最適です。 よくかんで食べることで、満腹中枢を刺激できます。 また、煮干にはカルシウムが多く含まれているため、太りにくい体にしてくれます。 おやつに煮干を食べるようにすると、空腹を満たしてくれるだけでなく、カルシウムも摂取できるため、一石二鳥な食材なのです。
 また、タンパク質が約60パーセント含まれています。
健康的に痩せるならタンパク質を摂れ!と言われているくらい、大切な栄養素です。

おまけ:ダイエット中に作りたいおやつレシピ

おからクッキー

http://cookpad.com/recipe/1687230

ダイエット中にもってこいのおからを使ったおやつのレシピです。 
生おからとホットケーキミックスと小麦粉を混ぜて焼くだけのお手軽レシピです。 
また、おからは豆腐を作るときにできる大豆の搾りかすとして有名ですが、食物繊維を豊富に含む食材です。
 おからには「レシチン」と「サポニン」という成分を含んでいます。
「レシチン」は脂肪の分解と排出を促す効果があり、体脂肪をたまりにくくしてくれます。 
「サポニン」には、余分な栄養の吸収を抑える効果があります。
そして、豊富に含まれる食物繊維のおかげで、満腹感を感じやすく、栄養面でも素晴らしい食材を使ったおやつです。
少し手を加えるだけで美味しいおやつに変身します。どうしてもクッキーを食べたくなった時は、おからクッキーで代用する方がよりダイエット成功への道へ近づける可能性が高くなります。ただし、おからクッキーは特に食べ過ぎには注意が必要です。クッキーの代用程度に思って食べるようにしてください。

 

豆乳くず寒天




http://cookpad.com/recipe/1100645

食物繊維の宝庫の寒天レシピです。 
寒天と豆乳とふたつのダイエット食材を含んでおり、食物繊維とタンパク質が併せて摂れる点が素晴らしいレシピです。
また、低糖質なため、脂肪をためにくいおやつです。

豆腐とヨーグルトのヘルシーケーキ




http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1790011164/


こちらは豆腐を使ったおやつレシピです。 
豆腐には「大豆イソフラボン」が入っていて、ダイエットだけでなく、美容にも嬉しい食材です。
「大豆イソフラボン」は女性ホルモンを似た成分で、取り入れることで、女性ホルモンが整えられやすくなり、いつまでも若々しくいられるという効果があります。
 混ぜて焼くだけのレシピですので、誰でも簡単に作ることができます。


まとめ

「間食がなかなかやめられない」という人もたくさんいらっしゃるかと思います。 一気にやめてしまうとそれがストレスになり、またたくさん食べてしまったり、リバウンドしてしまったりします。 「やめる」のではなくて、「今日は昨日より1割間食の量を減らしてみよう」と考えた方をシフトすることで間食と良い付き合い方が出来るのではないでしょうか。もちろん食べ過ぎは問題ですが、 間食はダイエットの敵ではありません。 自分にあったダイエット計画を立てて、上手にお付き合いをしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう