コツ

キレイな人が無意識にしている暴食をとめる3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
綺麗な人
だれもが経験する暴食。仕事や家事に疲れてイライラしていて、ふとテーブルを見ると、チョコレートがこちらを見つめている・・・・。恋人と別れて、悲しみにくれているなか、ふとコンビニに行くとポテトチップスやケーキがこちらを見つめている・・・。そんなときに、「この私の悲しみを救ってくれるのはケーキしかない!」とついつい思ってしまうものです。 こんな大袈裟な状況でなくても、疲れて家に帰ってくると自炊するのが面倒くさいので、コンビニに行ってついつい油っこいお弁当を買ってしまうことは誰もが経験したことあるのではないでしょうか? しかし、自分にご褒美をすることと、暴食することは全く違います。どんなに美味しいチョコレートを食べても、どんなに美味しいケーキを食べても、どんなに美味しいラーメンを食べても悲しみやストレスを救ってはくれません。しかも、暴食するとそのあとの罪悪感がすごいですよね。 そんな、分かっちゃいるけどやめられない暴食をとめる方法を3つお伝えしていきます。

1. 定期的に自分にご褒美をする

自分自身やミューロンのお客さんを見て感じることは、禁止されると、人間は強く欲しがってしまうものです。 なので、大切なことは、まず暴食をするのではなく、定期的に少量ずつ自分にご褒美を与えるという方法です。 週に一回だけ、前から気になっていたレストランに友達と行く。週に一回だけ、自分の大好きなケーキを一個だけ食べる。大事なのは、そこから暴食しないように、ちゃんと予定を立てて自分へのご褒美を楽しむことです。そうすれば、自分でもどれだけ食べたのか分からないぐらい食べてしまうことを防ぐことができます。

2. 暴食は意味がないことを認識する

人それぞれ暴食してしまう理由は違います。繰り返して言いますが、暴食はあなたの心のすき間を埋めてくれるわけではありません。 強い言い方になりますが、暴食しても恋人が戻ってくるわけでもありません。 なので、めちゃくちゃ食べたいと思っていても、暴食しても何も解決しませんし、より罪悪感がまし、ストレスがたまることを意識しましょう。

3. 準備する

準備不足も、暴食へのきっかけになります。夜遅く仕事からクタクタになって帰ってくると、誰も面倒くさい料理なんてしたくありません。 しかし、あらかじめ電子レンジだけで簡単に準備できる食事を用意しておけば、コンビニに行っている時間でヘルシーな食事を簡単に調理できるようになります。 週末の時間があるとき、玄米を炊いて、ササミを茹で、それらを一食分ずつに分けて冷凍しときましょう!また、冷蔵保存できるソースもあからじめ作っときましょう。そうすれば、チンするだけで、健康的な食事をとることができます。 きれいなひと

まとめ

暴食は、根性や意志の力でやめることは難しいものです。意志の力に頼らずに、暴食を止める仕組みやテクニックをみにつけて暴食の習慣を過去のものにしましょう! 自分に定期的にご褒美を与える習慣をつくり、暴食自体全く意味がないことを体感しましょう。暴食を防ぎ、健康的で楽しいライフスタイルを手にいれてくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう